ICT講座へのお誘い

旧サーバの内容についてはここから見ることができます

ICT講座について
目的、大まかな内容、参加資格等
講座内容
講座一覧
講座A
講座Aの内容
講座B
講座B
講座C
講座C
申込方法
申し込み
ICT教育の目的と経過

Fancy accordion

方針会議(日付不明)
パソコン教室について

4月13日(金)に情報通信部会有志の人達が、やすらぎ荘に集まり、市老連情報通信部会が新たに展開する「パソコン教室」について意見の交換及び具体的な項目について検討し下記の案を試案として纏めましたのでご検討願います。
(13日に集まったメンバーは、佐々木会長、大野部会長、橋本さん、小泉さん
鈴木さん、山田さん、今村の7名です。)

前提として、巷には多くのパソコン教室があるが、少なくとも我々が行うパソコン教室は他とは違ったフィーチャーを持ったものにしたい、さすがに情報通信部会でやるパソコン教室は良いねと言うものにしたい、と言う考えがメンバー全員の一致するところでした。

1:パソコン教室を開催する目的。
○市老連がこれから立ち上げる画期的なHP(ホームページ)を見て頂く人を、一人でも多くつくる事。
○その事によって、パソコンを使った生活の楽しさを実感してもらい、脳の活性化を促しより充実した生活をエンジョイしてもらう事。

2:対象者(第1段階)
○市老連加盟老人クラブ会員である事。
○全くの初心者であるが、パソコンを習いたいと言う意欲の有る人。

3:教える内容と授業料
○第1段階(初級) 原則3回受講。第2段階(中級以上)とし
最初は第1段階から始める。
Aパソコンの立ち上げ方と終了の仕方。
Bマウスの使い方。
C数字と文字の入力の仕方(キーボードの使い方)
(ローマ字入力を主体とする)
○授業料。第1段階の授業料は無料とする。
但しテキスト代(105円)は自己負担とする。
第2段階(中級以上)に進んだら、授業料(未定)を戴く。

4:授業時間及び人数
○授業時間
やすらぎ荘開館日の午前10時~12時と午後1時~3時 各2時間
○人数
各授業時間 2名~最大6名のグループとする。

5:講師及び謝礼
外部の専門講師に依頼するが、情報通信部会のメンバーは出来るだけ自分の地区
の人が受講する時は、サブ講師として講師をアシストする。
サブ講師は予め講習を受ける。
講師に対する謝礼は、別途常任理事会に図り予算化をして決める。

6:パソコン教室開講の日取り。
○やすらぎ荘事務局とやすらぎサロンを使用出来る日時を打ち合わせる。
(原則として火曜日~日曜日はサロンは使用出来る)
○24日の情報通信部会で全員参加の時日取りを決る。

7:テキスト
100円ショップで購入する。
(鈴木さん持参のサンプルを参照)
以上

Spoiler title
Spoiler content
Spoiler title
Spoiler content