表の作成方法

wordpressで表を作成するには次の3つの方法があります。最初はどの方法でも構いませんが、ある程度慣れてきたら、①、②、③のほかにも①の方法でも使えると、修正やレスポンシブにも容易に対応できるようになります。

①wordpressの表作成機能を利用する。これについては後程詳しく説明します。

②wordやエクセルで表を作成し、ビジュアルモードにして表を貼り付ける。

実際にエクセルから貼り付けた一例です。

いくつかのプロパティは失われてしまいます。列幅、文字色、枠線の設定、枠線の色、幅その他が失われています。この表にいろいろなプロパティを加えたいときには、①の方法で行なわねばなりません。

しかし簡易に表を作成したいときにはこの方法が便利です。

東日本
西日本
南日本
北日本 曇り

 

③HTMLで作成する

HTML言語を使って作成する方法です。テキストモードで作成しましょう。少し面倒ですがHTMLの知識があれば容易でしょう。ただHTML文書の作成中も何ども出来上がりの表を確認するという面倒さは避けられません。

ということで一番汎用性のある方法が①の方法です。

以下説明します。

ツールボタンから表を選び,4*2の表を作成します。作成が終わったら各セルに文字を記入します。

東日本
西日本
南日本
北日本 曇り

 

まず表の配置を設定しましょう。表全体を選択し表のプロパティから選択できます

写真などと同じように右配置あるいは左配置にすると左側あるいは右側に文字が入り込みます。

ここでは中央配置に設定しました。

枠線は縦両矢印、あるいは横両矢印状態でドラッグします

以上により上図までが作成できます。

以下はセルのプロパティから設定していきます。

行、列の追加は行、列のプロパティから設定します。

 

以上はTinyMCE Advancedというプラグインのビジュアルエディター機能を使っています。tablepressというプラグインをインストールすればソート、写真の埋め込みなども可能になりますが、ここでは省略します。

写真の配置には様々なプラグインがあり、そちらのほうが有効だと思います。

表作成の注意点としては、レスポンシブが崩れてしまう可能性があることです。完成したら、ブラウザーや端末を変えて確認しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。